管理栄養士への道

管理栄養士の資格を取るための道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

管理栄養士の資格

管理栄養士の資格は、栄養士の上級資格です。しかも栄養士の資格を持ってなければ受験できません。但し、年齢制限はありませんのでやる気があれば挑戦できます。
但し、国家試験と言うことで合格率も30%位と言われている難関試験です。

資格を取るためには、まずは栄養士免許を取得しなければなりません。
栄養士になるには、国が指定した養成施設を卒業することが必要です。
卒業すれば自動的に栄養士の免許が取得できます。この免許は、独学では取れませんので、養成施設を卒業することが唯一の道となります。
 栄養士の養成施設には、3・4年制専門学校、2・3年制の短大、4年制大学それぞれの栄養士課程の5種類があります。養成施設は全て昼間で夜間や通信教育はありません。これは、栄養士の授業に実習が多いので昼間でないとできないからです。

そして、栄養士の免許を取得した管理栄養士の国家試験を受験するためには、いって期間実務を経験する事が必要です。

この一定期間は、栄養士の養成施設での終業期間によって異なります。
栄養士養成施設4年制大学の栄養士課程の場合は、実務経験が1年以上。
3年制の短大及び専門学校では、実務経験が2年以上。
2年制の短大及び専門学校では、実務経験が3年以上。
ちなみに、管理栄養士養成施設の4年制専門学校及び大学は、実務経験は必要ありません。
ということで、管理栄養士の資格を取得するには4年制の管理栄養士養成施設を卒業して、直ぐ国家試験に合格することが一番の早道となります。

管理栄養士資格取得情報ナビ
スポンサーサイト
  1. 2009/08/06(木) 22:16:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

管理栄養士の過去問

栄養管理士を合格するための勉強方法としては、過去問を中心に行うのが定石です。合格した方の体験記を読んでも過去問プラス模擬試験というのが一番多かったようです。

どの資格試験でも、過去問題を何回も何回もそれこそ問題と答えを暗記するぐらい行えば合格するといわれているくらいです。
もっとも管理栄養士も関連する法律や情勢が変わっていけば、試験内容も変わっていくので、それに対応していくためには講習会や通信教育を受けていく必要があります。

過去問の問題集も大型書店やアマゾンなどのネットでの購入もできますので、自分にあった問題集を探してみましょう。

管理栄養士の合格ラインは、各教科とも60点以上です。100点満点取る必要もなく年齢制限もないので、あきらめなければ合格できるはずです。

とにかく基本も大事ですが、過去問をやることによって出題傾向や自分の苦手科目が解ります。

それに、隙間時間を利用して、何回も繰り返しする事で自分の苦手科目を克服することもできます。

過去問の問題集も大型書店やアマゾンなどのネットでの購入もできますので、自分にあった問題集を探してみましょう。

  1. 2009/08/05(水) 04:28:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

管理栄養士の仕事

管理栄養士の仕事は、栄養士法でこれまで抽象的だった栄養士の業務と区別するために、平成12年3月、栄養士法が改正されました。
「傷病者に対する療養のために必要な栄養の指導」
「個人の身体状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導」
「特定多数人に対して継続的に食事を提供する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等」
と明文化しされました。
 今後管理栄養士が、保健・医療・福祉サービスの担い手として活動するには、高度な専門知識・技術を持った、資質の高い管理栄養士を育成することが必要となっています。

いままでは、栄養士と管理栄養士の業務はあまり区別がないような仕事や周りの評価でしたけれども、法律が改正になったことは、社会に必要なのは、栄養士ではなく管理栄養士だと言うことを法律で明確にしたということになります。

短期大学や専門学校等の栄養士養成機関を卒業すると、もらえる栄養士は飽和状態だと言えます。これからは、栄養士にプラスの資格を取らないとなかなか就職も見つけられない状態です。

一番良いのは、栄養士の上級資格の管理栄養士です。

国家試験に合格しなければいけませんが、あなたの今の現状を打破するには上を目指すしかありません。

また、仕事を持ちながら勉強するには大変でしょうが、管理栄養士に合格している人はいますので、独学、通信講座、講習会など自分にあった学習方法で管理栄養士の合格を目指しましょう。

すべての科目で60点以上取れば良く、100点満点を取る必要はないのですし、年齢制限もないので諦めなければ、合格するはずです。

テーマ:通信教育・通信講座 - ジャンル:学校・教育

  1. 2009/08/03(月) 09:37:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

管理栄養士の大学

管理栄養士になるための4年制の大学は、北は北海道南は沖縄まで全国各地にあります。
管理栄養士になるためには、4年制の大学の方が断然有利です。
他の2年制や3年制の短大あるいは専門学校だと栄養士の資格より取れませんし、実務も必要となります。その場合、一度どこかに勤めなければなりません。
管理栄養士になると初めから目標を持っていれば、体力的にも精神的にもきつい所だと、家に帰っても疲れて勉強もできません。
というのも、管理栄養士の合格率を見れば一目瞭然です。
大学を卒業して受験して合格した人は70%以上。短大あるいは専門学校を卒業して合格した人は20%を切っています。
やっぱり管理栄養士になる近道は、4年制の大学ですね。
大学だったら、4年間じっくり勉強することができるし、初めから管理栄養士になるという人が多いと思うので、仲間もできて学生生活も謳歌できるからです。それに、学校でも合格率を上げるために、講習会や勉強会が用意され管理栄養士に合格するための環境がそろっています。
大学と言えばお金がかかりますが、奨学金という手もありますので管理栄養士を目指す方は是非大学に入って勉強されることをオススメします。
人生80年以上の中の4年間です。たった4年間ですが、その4年間を目標に向かって過ごすしたことは、何よりの財産となるはずです。
勉強は決してあなたを裏切りませんよ。

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

  1. 2009/08/01(土) 20:39:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。