管理栄養士への道

管理栄養士の資格を取るための道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

管理栄養士試験の勉強法

管理栄養士に合格するためにはいろいろな勉強方法があります。
その一つをご紹介しましょう。
①間違いノートを作る
まず問題を解いて、間違ったところを切り取ってノートの貼り付けます。そして正しい回答、調べた事柄から等を書き込みます。
これは、時間が掛かりますがこの作業を行うことで、同じとような問題で間違ったときなど再確認が何度もできます。また、書くことによって読むだけよりも記憶に残りやすいはずです。
②問題集は一冊と決めて何度も繰り返して解く
問題集をわからなくてもどんどん進めて、できたところは○をして出来なかったところに×をすることを何度でも繰り返して解きます。
③一日のプランを作る
毎日勉強することはとてもつらいので、今日はこれだけは勉強するというのを決めました。
③試験一ヶ月前からマークシートを使って問題を解く
これは、管理栄養士の試験がマークシートのために、それに馴れるために行うものです。早く綺麗に塗りつぶすことは案外難しいのでやはりこれには慣れが必要です。
また、合格基準は6割なので全問正解ではなくても8割を目指すことを目標としました。

管理栄養士 給料
ホワイテックス 口コミ
スポンサーサイト
  1. 2009/10/13(火) 23:40:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

栄養とダイエットを成功させるために

ダイエットしたい!と思っている女性は世の中に沢山います。「どうしてダイエットしたいのか」と聞かれれば「綺麗になりたいから!」が答えです。

リセットダイエットの「リセット」とは太っていることで消極的だったり、お洒落に自信がもてなかった貴方がリセットするチャンスを与えてくれるダイエット方法なのです。

リセットダイエットで重要なことは、決められたメニューを守るという事ですね。リセットダイエットは食事によるダイエット方法なので、「ちょっとぐらい大丈夫」という思い込みはとても危険です。

リセットダイエットに一度成功して体重を保持出来るぐらい食事療法をマスターしてきたら規則にのっとったメニューにしても良いかもしれませんが、最初は必ずリセットダイエットのメニューを守りましょう。とりあえずリセットダイエットのメニューで体重を落とすことにしましょう。

メニューを守るということで、ダイエット日記をつけることを強くオススメします。これはレコーディングダイエットともいわれ、食べた物を日記にタダ書いて行く方法です。

けっこう単純ですけれども、自分の食生活が赤裸々になるので、リセットダイエットの成功率も高まるはずです。ダイエットに成功した場合も、また、やせるタイミングを見つけるためにも日記をつけてみましょう。
書き方は、日付、各食事のメニュー、朝と夜の体重を書きます。

それでも栄養のバランスを考えたリセットダイエットとなら必ず成功します。
  1. 2009/09/27(日) 21:31:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リセットダイエット

今回は、リセットダイエットについて

リセットダイエットは以前から芸能人や女性に人気のあるダイエット方法です。食事によって減量します。体重の増加には環境が変わることやストレスなどもありますが、それらの原因がカロリーオーバーを招いていることが直接的な原因です。

一番の特徴は、ダイエット期間の短さです。長期的に体重や食欲をコントロールするのはなかなか難しいのですが、リセットダイエットならたった1週間で効果がでます。

「食事のコントロールってとっても難しいんじゃない?」と思われるかもしれません。でもリセットダイエットにはこうしてコントロールしましょうという1週間の定番メニューがあります。後はそのメニューを実行するだけ。

決まっているのは昼食と夜食は食べたいと思う肉または魚の料理を1品と野菜料理を数品食べます。
えび、いか、たこなどや貝類は週に2回までなら昼または夜に食べても大丈夫。

朝はグレープフルーツ半分と飲み物。
昼の基本は肉または魚の料理を1品と野菜料理を数品です。

週1回だけ次のメニューのどちらかを食べてもいいです。一つはゆで卵2個と野菜。もうひとつは1cm位に切ったフルーツをいれたプレーンヨーグルト。1回につきどちらかを選びます。たったこれだけで成功するのがリセットダイエットです。

慣れるまでは、カレンダーにでもメニュー予定を書いていた方が面倒くさくならず上手くいきますよ。
  1. 2009/09/16(水) 22:33:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

管理栄養士の資格

管理栄養士の資格は、栄養士の上級資格です。しかも栄養士の資格を持ってなければ受験できません。但し、年齢制限はありませんのでやる気があれば挑戦できます。
但し、国家試験と言うことで合格率も30%位と言われている難関試験です。

資格を取るためには、まずは栄養士免許を取得しなければなりません。
栄養士になるには、国が指定した養成施設を卒業することが必要です。
卒業すれば自動的に栄養士の免許が取得できます。この免許は、独学では取れませんので、養成施設を卒業することが唯一の道となります。
 栄養士の養成施設には、3・4年制専門学校、2・3年制の短大、4年制大学それぞれの栄養士課程の5種類があります。養成施設は全て昼間で夜間や通信教育はありません。これは、栄養士の授業に実習が多いので昼間でないとできないからです。

そして、栄養士の免許を取得した管理栄養士の国家試験を受験するためには、いって期間実務を経験する事が必要です。

この一定期間は、栄養士の養成施設での終業期間によって異なります。
栄養士養成施設4年制大学の栄養士課程の場合は、実務経験が1年以上。
3年制の短大及び専門学校では、実務経験が2年以上。
2年制の短大及び専門学校では、実務経験が3年以上。
ちなみに、管理栄養士養成施設の4年制専門学校及び大学は、実務経験は必要ありません。
ということで、管理栄養士の資格を取得するには4年制の管理栄養士養成施設を卒業して、直ぐ国家試験に合格することが一番の早道となります。

管理栄養士資格取得情報ナビ
  1. 2009/08/06(木) 22:16:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

管理栄養士の過去問

栄養管理士を合格するための勉強方法としては、過去問を中心に行うのが定石です。合格した方の体験記を読んでも過去問プラス模擬試験というのが一番多かったようです。

どの資格試験でも、過去問題を何回も何回もそれこそ問題と答えを暗記するぐらい行えば合格するといわれているくらいです。
もっとも管理栄養士も関連する法律や情勢が変わっていけば、試験内容も変わっていくので、それに対応していくためには講習会や通信教育を受けていく必要があります。

過去問の問題集も大型書店やアマゾンなどのネットでの購入もできますので、自分にあった問題集を探してみましょう。

管理栄養士の合格ラインは、各教科とも60点以上です。100点満点取る必要もなく年齢制限もないので、あきらめなければ合格できるはずです。

とにかく基本も大事ですが、過去問をやることによって出題傾向や自分の苦手科目が解ります。

それに、隙間時間を利用して、何回も繰り返しする事で自分の苦手科目を克服することもできます。

過去問の問題集も大型書店やアマゾンなどのネットでの購入もできますので、自分にあった問題集を探してみましょう。

  1. 2009/08/05(水) 04:28:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。